お肌 シワやたるみを予防

お肌にシワやたるみが出来ない様に予防していく

しわやたるみが出来る理由

 

年を取るとしわやたるみが増えるのは、避けがたいことです。

 

肌の老化はどんな人にでも等しく出てくる、当たり前のことともいえるでしょう。

 

肌は普通約4週間かけて新しく生まれかわるターンオーバーを繰り返しています。

 

正常にターンオーバーが行われているうちは、肌の古い角質が定期的に落ちます。
常に肌は活性化され、しわやたるみはできません。

 

年を重ねるとターンオーバーのサイクルがゆっくりになっていき、不要な皮膚がいつまでも体に張り付いたままです。

 

肌の新陳代謝が落ち、しわやたるみの原因になります。

 

加齢とともに体内でのコラーゲン量もだんだん少なくなっていきます。

 

コラーゲンの少ない肌は弾力がなくなり、しわになっても元に戻らなくなります。

 

ハリのない肌は重力の関係でどんどんたれ下がり、たるみを引き起こすことになります。

 

老化は体に起きる不可避の事象ですので、完全な時間遡行を望んでもそれは無理な相談です。

 

ストレスや喫煙、偏った食事などでも、肌にダメージを与えしわやたるみの原因になります。

 

肌に悪影響を及ぼすものに太陽光があります。若い頃は良くても、後々にツケが回ってくるようです。

 

加齢の影響によって現れたたるみやしわは、元通りににはできないものです。

 

できるだけしわやたるみなどの肌の老化を遅らせるように、できる限りのケアをしていきたいものです。

 

 

しわやたるみを取る方法

 

顔の皮膚が、たるんだりしわができてしまう人がいます。
どうしても老けて見えるので、できることなら何とかしわやたるみを取りたいと誰もが思っています。

 

肌に水分を与え、みずみずしさを取り戻すような化粧品も色々開発されてはいますが、しわを完璧になくせる化粧品はないようです。

 

しわやたるみの全くない顔になりたいというなら、美容外科で整形手術をするしかないでしょう。

 

しわやたるみを取るために美容整形外科でよく行われるものは、コラーゲンやヒアルロン酸の注入かボトックス療法です。

 

これらの手術では肌にメスを入れず、短時間で気軽にできることからプチ整形といいます。

 

人の体には、初めからコラーゲンやヒアルロン酸が存在しています。

 

その成分を皮膚の下に注入することで肌をふっくらさせ、たるみやしわのない状態にするのです。

 

ボトックスは、ボツリヌス菌由来の成分で、皮膚を硬直、麻痺させてしわやたるみを取る方法です。

 

ただし、プチ整形のネックは長続きしないことで、数ヶ月おきに同じ手術を行わなくてはなりません。

 

プチ整形として人気を集めてきた手術に、フォトフェイシャルがあります。

 

特殊な光を肌に当て、しわやしみ、たるみなどを改善するものです。

 

従来のレーザーとは違って、肌に負担が少ないようです。
乳首 カサカサ

 

比較的安全に使え、肌全般にかかわるしわやたるみなどの老化現象を改善させる効果があります。